鳩胸がずっとコンプレックスでついつい胸元を隠してしまうというアナタ、鳩胸解消法があるのを知っていますか?そこで今回鳩胸を解消する方法や、鳩胸の人が注意すべき点などを詳しく解説!鳩胸で悩んでいる人、必見です。

鳩胸がコンプレックス

「横から見ると太って見えるかも…」「恥ずかしくて水着も着れない」など、鳩胸がコンプレックスで悩んでいる人もいるでしょう。また鳩胸の人は無意識に胸元を隠そうと前かがみになってしまうことが多く、猫背になっていることも珍しくありません。

そんな厄介な鳩胸、実は改善できる可能性があるんです。そこで鳩胸解消法を一挙大公開!また鳩胸の人が注意しなければいけない点も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ストレッチで鳩胸を改善

鳩胸は肋骨(あばらぼね)が「くの字」に曲がっていることも原因の一つと言われています。この「くの字」に曲がってしまった肋骨を通常の形に戻すことで、鳩胸が改善されることがあるのです。そこで肋骨を改善するストレッチを紹介していきましょう。

腕を内側にひねる運動

腕を内側にひねることで、肋骨を正しい形に戻していく方法です。

【やり方】

  1. 腰と同じくらいの幅になるよう足を開きます。このとき足が真っすぐ向くようにしましょう。
  2. 背中を少し丸め、腕を下の方に下げます。
  3. 腕を内側にねじり、左と右の手の甲同士をくっつけましょう。
  4. この姿勢を10秒間キープしてください。このとき肩が上がらないように注意しましょう。

このストレッチを1日2~3回を目安に行うようにしてください。

ダンベルを使った運動

次はダンベルを使ったストレッチ方法です。

【やり方】

  1. 仰向けになり、少し軽め(女性なら0.5kg程度)のダンベルを持ちます。             ※ダンベルがない場合は500mlの水を入れたペットボトルでも代用可能です。重さは自分で調節してくださいね。
  2. ダンベルを鳩胸が気になる部分まで持っていきます。
  3. 息を大きく吸ってダンベルを頭の後ろに降ろします。このとき腕をしっかり使って降ろすのがポイントです。
  4. ダンベルが床についたら息を止め、肋骨に注意しながら力を入れます。

こちらも「腕を内側ににねる運動」同様、1日2~3回を目安に行うようにしましょう。

水泳で鳩胸を改善

水泳も鳩胸に効果があると言われています。では水泳の中でも何が効果的なのか、鳩胸を改善するための注意点など詳しく見ていきましょう。

クロールが最適

水泳の中でもクロールが鳩胸には効果的と言われています。なぜならクロールは手や足など全身の筋肉を動かすため、体全体の脂肪を燃焼する効果が期待できるんです。そのため胸の脂肪も落とすことができるので、鳩胸特有の胸の厚みを改善することができます。

水着選びが肝心

クロールが鳩胸には効果的っていうけれど、水泳選手って鳩胸の人結構多いですよね。実は水着にその秘密が隠されています。水泳選手の着ている競技用水着は、水の抵抗を最小限に抑えるため、身体にぴったりフィットするように作られています。ぴったりフィットする締め付けの強い水着の場合、胸が動かないため胸の脂肪が消費されないのです。

ではどんな水着を着れば良いのかというと、ズバリ締め付けないタイプの水着がオススメ!締め付けないタイプの水着を着て泳ぐことでしっかり脂肪が燃焼するので、鳩胸解消だけでなくダイエット効果も期待できるんですよ。

下着で鳩胸を改善

下着でも鳩胸を改善することができると言われています。ではどんな下着が良いのか詳しく見ていきましょう。

矯正下着

とにかく鳩胸をすぐにでも何とかしたいという人は、矯正下着が良いです。矯正下着は鳩胸の原因でもある胸郭の出っ張りを外側から締め付け目立たなくしてくれるため、矯正下着を付けている間は鳩胸は目立ちません。そのため即効性を求める人にはオススメなんですよ。

また胸骨の先はとても柔らかいので、矯正下着を長期間付けていることで徐々に胸郭の出っ張りが矯正されると言われています。ですので根本的な改善にも矯正下着は効果があると言われているんです。

ただし胸郭部分を外側から締め付けるため、かなり苦しいと感じる人も多くいます。無理して窮屈な下着をつけるのは良くないので、補正下着のプロがいるお店でプロの人と相談しながら補正下着を選ぶようにしましょう。

和装下着

矯正下着以外にも和装下着もオススメ。和装下着は本来着物などのときに身に付ける下着なのですが、和装用ブラジャーには紐にワイヤーが入っていないため伸縮性も優れているので矯正下着に比べて締め付けが少ないんです。

また鳩のように膨らんだ胸元もしっかり包み込み、見た目もスッキリするため締め付けが苦手という人は和装下着がオススメです。ちなみにサイズ選びのポイントですが、少し小さめを付けるようにしましょう。なぜなら小さい方が胸をぎゅっと押さえこんでくれるので、より補正効果が期待できるからです。

 

和装下着(ブラジャー)の購入はこちらから

Amazon  2,299円 サイズ:S・M・L・LL・3L・4L・5L

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B006P30FJM/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B006P30FJM&linkCode=as2&tag=msyuichi-22

鳩胸の人が注意すべきことは?

鳩胸の人が特に注意しなければいけないことがあります。ではどういった点に注意しなければいけないのか、詳しく見ていきましょう。

猫背の悪影響

鳩胸の人は胸元を隠そうとするため、猫背になりやすいという話を冒頭でしましたが、では猫背になるとどんな悪影響が出るのか知っていますか?

猫背になると

  • 腰痛や肩こり
  • 肺活量の低下
  • 神経障害
  • 肋間神経痛(胸に痛みが出る病気)

などの、体に様々な悪影響をもたらしてしまうんですよ。

ついつい胸元を隠してしまいがちですが、体を守るためにも猫背にならないよう胸を張るように意識するようにしましょう。

腕立て伏せは逆効果

腕立て伏せが鳩胸に効果があると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。では実際どうなのかというと、やり方によっては逆効果になってしあうことがあります。

そもそも腕立て伏せは、大胸筋を鍛えるのに効果的な筋トレです。でも大胸筋を鍛えてしまうと、特に女性の場合は胸に筋肉がついてしまいバストアップすることで逆に目立ってしまいます。ただ胸を小さくする腕立て伏せもあるにはありますが、正しく行わないと効果を得られないため、腕立て伏せはあまり行わない方が無難かもしれませんね。

鳩胸を少しでも改善しましょう!

鳩胸を完全に治そうと思うと、特に重度の場合は手術を行う必要があります。ただ今回紹介したストレッチや水泳、矯正下着などのセルフケアでも、改善出来たり少し鳩胸がましになる可能性は十分あります。そのためまずはセルフケアを行い、少しでも鳩胸が改善できるよう取り組んでみてはいかがでしょう。